比較政治学会年報

第1号から第18号まではJ-STAGEにて公開されています。
書籍のご購入を希望される方は早稲田大学出版部までご連絡下さい。
早稲田大学出版部  電話|03-3203-1551 住所|東京都新宿区戸塚町1-103

第11号(2009)以降のご購入を希望される方はミネルヴァ書房までご連絡下さい。
ミネルヴァ書房営業部  電話|075-581-0296 E-mail| eigyominervashobo.co.jp




『インフォーマルな政治制度とガバナンス』

第23号|2021年10月

インフォーマルな「政治制度」や「ガバナンス」を俎上にのせることで、実証と理論の両面におけるその意義と可能性を探る。

ご購入を希望される方はミネルヴァ書房まで

目次

はじめに(末近浩太)
1 暴力と政治参加――インドネシアの事例から(岡本正明)
2 反乱軍による公共サービスの提供とナショナル・アイデンティティ――内戦後社会の市民意識に対する国家横断的アプローチ(窪田悠一)
3 「運動から政党へ」――インフォーマルな運動を背景とした政治組織はフォーマルな政治に参加するときいかに変化するか(酒井啓子)
4 常態化する労働政治のインフォーマル・プロセス――日韓「働き方改革」比較の視点から(安 周永)
5 鉱山開発をめぐるインフォーマルな政治連合――ペルーの2事例の差異法による分析(岡田 勇)
6 ウクライナにおける政軍関係の構造的変容――紛争後の国軍改革と自警団の台頭(松嵜英也)
7 アラブ首長国連邦におけるインフォーマルな政治と交渉――部族ネットワークの政治的再利用の検討(堀拔功二)

 

『民主主義の脆弱性と権威主義の強靭性』

第22号|2020年10月

なぜ民主主義は後退しているのか。 権威主義は今後も続くのか。ここ20~30年における政治体制レベルの地殻変動を多角的に考える

ご購入を希望される方はミネルヴァ書房まで

目次

はじめに(粕谷祐子)
 第1部 政治体制に関する理論的検討
1 民主主義は脆弱で権威主義は強靭か(空井 護)
2 民主主義の脆弱性と権威主義の強靭性——領域統治の観点から(加藤 朗)
 第2部 民主主義の脆弱性
3 アメリカ政治における長い民主化と帰結としての脆弱化(待鳥聡史)
4 東中欧における「民主主義の後退」——「民主主義」と立憲主義の分断と接合(中田瑞穂)
 第3部 権威主義の強靭性
5 現代中国政治の「強靭性レジリエンス」——胡錦濤・習近平政権への視座(川島 真)
6 権威主義体制の再構築と憲法の変容——タイ2017年憲法の分析から(外山文子)
 第4部 政治秩序変化に対する国際的対応
7 民主主義体制の脆弱化と権威主義体制の強靭化における国際的要因の考察(杉浦功一)