2024年度 日本比較政治学会(第27回大会)プログラム

2024年6月22日-23日 於 立命館大学(大阪いばらきキャンバス)

 

 

Webフォームにより出席・欠席予定をお伺いします。2024年6月9日(日)までに以下のWebフォームへの入力を通じて、出席・欠席予定についてお知らせください。
https://business.form-mailer.jp/fms/828d9a43237736

・案内・要旨集とペーパーを開くためのパスワードは、「オンライン会員情報管理システム」の「学会からのお知らせ」欄に記載されています。  

第1日 6月22日(土) 13:30~15:30

分科会A|「民主主義の後退と政軍関係」

第2次世界大戦後、世界では非民主主義的な政治体制が数多く生まれ、クーデターによる文民統制の崩壊、軍の政治介入やプレゼンス・影響力の増大などが政軍関係の潮流となった。その後、1970年代から90年代にかけて、非民主主義体制の崩壊と民主化が各地で発生し、軍の政治からの撤退、プレゼンスや影響力の縮小が政軍関係の潮流となった。そして近年、民主主義の後退や権威主義化が国際的な潮流として指摘されるようになっているが、民主化の時代に軍の優位性が減少傾向にあった政軍関係は、昨今の民主主義の後退や権威主義化が観察されるなかでどのような様相を呈しているのだろうか。

世界を見渡してみると、クーデターによる軍支配の復活といった耳目を集める例もあれば、あからさまな支配ではないにせよ軍のプレゼンスの拡大や政治的影響力の顕在化が指摘される例もある。また、民主主義の後退を経験しながらも、軍の影響力が増大する様子がなさそうな例もある。近年は、民主主義体制と権威主義体制の境界が曖昧化しているとも言われるが、政軍関係のあり方にもそれが反映されていることが想定される。

本分科会では、民主主義の後退が指摘されるが、軍があからさまに政治権力を掌握しているわけではない国々を取り上げ、政軍関係の現状と、その状態が昨今の民主主義の後退とどのような関係があるのかを検討する。そして、民主主義の後退の時代の政軍関係に共通する特徴やパターンが存在するのか否か、また、過去の権威主義の時代や民主化の時代との共通点や相違点はどのようなものか、などの検討に道を拓きたい。

司会
山根 健至(福岡女子大学)

報告
本名 純(立命館大学)「インドネシアにおける民主主義の後退と政軍関係―ジョコウィ、ポピュリズム、パトロネージ―」

山田 裕史(新潟国際情報大学)「フン・セン体制下のカンボジアにおける政軍関係」

舛方 周一郎(東京外国語大学) “Democratic Recession and Civil-Military Relations in the “Third Waves”: Explaining the Militarization of Politics in Brazil”

討論
大澤 傑(愛知学院大学)
山根 健至(福岡女子大学)

 

自由企画1|「非民主化の分析:国際政治と国内政治からの検証」

司会
小松 志朗(山梨大学)

報告
杉浦 功一(文教大学)「グローバル・サウスと非民主化」

山本 達也(清泉女子大学)「インターネット環境の変化と非民主化との関係性」

岩崎 正洋(日本大学)「非民主化をめぐる議論の射程─体制・制度・アクターの相互作用─」

討論
小松 志朗(山梨大学)
荒井 祐介(日本大学)

 

自由論題A| 「社会的動乱と分極化のメカニズムを探る」

司会
中井 遼(東京大学)

報告
新子 泰平(東京大学・院)・関 颯太(神戸大学・院)・倉石 東那(東京大学・院)「革命と空間的フォーカルポイント-集合地点に関するデータセットの構築から-」

九島 佳織(関西学院大学)・湯川 拓(東京大学)“How Revolutions End: Negative Coalitions and Their Consequences in the Dynamic Processes” (ペーパーのみ英語)

小椋 郁馬(一橋大学)“The Issue Basis of Social Sorting among the American Electorate”(ペーパーのみ英語)

討論
門屋 寿(早稲田大学)
Song Jaehyun(関西大学)

 

自由論題B|「外的要因と向き合う政府」

司会
磯田 沙織(神田外語大学)

報告
東村 紀子(京都外国語大学)「フランスにおける移民・難民政策の揺らぎ-サルコジ及びオランド政権期と「改革」を夢見るマクロン政権期を中心に-」

稲田 奏(東京都立大学)・前川 和歌子(大阪大学)“Aftermath of Coups: Aid Sanctions and Incentives for Elections” (ペーパーのみ英語)

藤川 健太郎(名古屋大学)“Explaining Western States’ Support for Self-determination Referendums in Peace Processes: Trying to Have Your Cake and Eat It Too?” (ペーパーのみ英語)

討論
佐藤 俊輔(金沢大学)
谷口 美代子(宮崎公立大学)

 

自由論題C|「現代ヨーロッパの右派政党―その支持要因と政策へのインパクト」

司会
武藤 祥(関西学院大学)

報告
Jianyang Yang(大阪公立大学博士課程)”The Impact of Social Capital on Support for Populist Radical Right Parties: The Case of the 2014 European Parliamentary Elections in the United Kingdom”(ペーパーのみ英語)

安田 英峻(神戸大学大学院 国際協力研究科 部局研究員)「イギリスにおける欧州懐疑主義と利益団体との関係―狂牛病問題をめぐるメイジャー政権の対応を事例に―」

譚 天(東北大学)“The Portfolio Allocation of the European Radical Right Party in Multiparty Government: Its Characteristics and Changes”(ペーパーのみ英語)

討論
今井 貴子(成蹊大学)
古賀 光生(中央大学)

 

第1日 6月22日(土) 16:00~18:00

分科会B|「政治的不平等」

近年、様々な国で社会の分断が進み、一部では民主主義に対する幻滅感が見られるようになっている。分断が進む中で、多くの市民は政府に対して経済的あるいは社会的不平等への対策を求めている。しかし、政府が市民の多様な意見を集約せず、特定の意見のみに応答する政策をとる場合、経済的あるいは社会的不平等は放置され、寧ろ全てのレベルで不平等は悪化する可能性すらある。そこで本分科会では、日本、フィリピン、ロシアの事例を取り上げ、政治的不平等の現状と課題について検討することにしたい。

司会
磯田 沙織(神田外語大学)

報告
山本 英弘(筑波大学)「日本における政策応答性の不平等」

日下 渉(東京外国語大学)「現代フィリピンにおける福祉と暴力─グローバルな『生まれ変わり』の希望のなかで」

油本 真理(法政大学)・鳥飼 将雅(大阪大学) “Hack the Elections, Harlequin!” Said the Dictator: Nomination and Its Effects of Spoiler Party Candidates in Authoritarian Elections” (ペーパーのみ英語)

討論
久保 慶明(関西学院大学)
渡辺 綾(アジア経済研究所)

 

自由企画2|「質的比較分析(QCA)の発展と政治学における実践」

司会
網谷 龍介(津田塾大学)

報告
山田 安珠(東京大学大学院総合文化研究科/テュービンゲン大学)「保育供給を拡大するのは女性か左派か―ドイツにおける市町村レベルの保育政策の実施―」

関 颯太(神戸大学大学院国際文化学研究科)“Electoral Support Structure of CHP in Turkey: Exploring Secularist Resistance amidst the Rise of AK Party”(ペーパーのみ英語)

松嵜 英也(津田塾大学)・新川 匠郎(神戸大学)“Strategic narratives from the Crimean regional boss since the Russian annexation: An Analytic Induction (AI)” (ペーパーのみ英語)

討論
日野 愛郎(早稲田大学)
上谷 直克(アジア経済研究所)
工藤 文(金沢大学)

 

自由論題D|「政党と有権者の比較研究」

司会
石間英雄(京都大学)

報告
縄倉晶雄(明治大学)「利益団体による複数政党への組織内候補擁立とその成果―韓国労総による政治活動への分析・評価―」

渥美 芹香(東京大学・院)・依田 浩実(東京大学・院)「西欧諸国における急進右翼政党への投票の規定要因―年代・居住地・教育程度に規定される個々人の文脈の検討」

福島 都茂子(清和大学)「2022年フランス大統領選挙と国民議会選挙の分析―マリーヌ・ルペンと「国民連合」躍進の要因―」

稗田 健志(大阪公立大学)・関 能徳(名古屋大学)・Jianyang Yang(大阪公立大学)“Measuring Multi-Dimensional Preferences for Welfare Programs among Japanese Voters: An Online Survey and Conjoint Approach”

討論
石間 英雄(京都大学)
吉田 徹(同志社大学) 

 

自由論題E|「政策形成過程の分析視角」

司会
石黒 大岳(アジア経済研究所)

報告
松山 千隼(京都大学)「連合維持戦略としての量的緩和政策―日本銀行を事例として―」

松本 尚子(東京大学)「労働の『再商品化』をめぐる政治―ドイツにおける福祉ガバナンスを支える言説の役割―」

佐藤 良輔(神戸大学)「イタリアにおける移民政策の決定過程―移民政策の開放性と閉鎖性をめぐる政治―」

討論
源島 穣(東北学院大学)
濵田 江里子(立教大学)

 

自由論題F|「政治制度と政権運営」

司会
山根 健至(福岡女子大学)

報告
池田 和希(東京外国語大学)「不安定な政党政治と首相のリーダーシップ-イタリアにおけるベルルスコーニと連立与党間関係に見る政権運営の変化-」

今井 哲治(日本大学・院)「シンガポールにおけるグループ代表選挙区制の導入過程」

鈴木 朝香(東京大学・院)「権威主義体制下のトルクメニスタンにおける情報統制-抑圧的な情報空間にみられる協力調達戦略をめぐって-」

討論
高橋 進(龍谷大学)
伊賀 司(名古屋大学)

 

自由論題G|「憲法と国家理念・統治体制」

司会
外山 文子(筑波大学)

報告
今野 元(愛知県立大学)「君主主義と共和主義との相克:古代ギリシア・ローマの国家理念」

高城 建人(京都大学)「韓国憲政史における立憲主義と現実政治の葛藤の起源-1954年国会の憲法改正議論を中心に-」

生木 新菜(早稲田大学・院)「日伊比較からみる国民創成と女性選挙権」

討論
國分 典子(法政大学)
笹岡 伸矢(駿河台大学)

 

第2日 6月23日(日) 10:00~12:00

共通論題|「民主主義をどのように分析するか

近年、「民主主義の後退」という現象が世界的に注目を集めてきた。過去5年間の日本比較政治学会研究大会のパネルを振り返ると、「権威主義体制」「権威主義化」「民主主義の脆弱性」「デモクラシーのゆらぎ」といったタイトルが多く、多数の研究者が、民主主義の後退と、権威主義体制の再興隆に関心を持っていることが分かる。

しかし他方で、民主主義体制と権威主義体制の境界線が曖昧になっていることが指摘されている。21世紀においては、たとえ権威主義的体制であっても定期的に選挙が実施され、選挙委員会などの組織が設置され、一定の条件下で野党の設立が認められていることが多い。反対に「民主主義」と分類される国においても、ポピュリスト的な強権政治家が登場し、マスメディアを抑圧し、国民の分断を煽るような政治が行われることもある。

改めて「民主主義とは何か?」「民主主義をどのように分析することができるのか?」という基本的な問いに立ち返ってみることが必要だと思われる。本パネルでは、現在も「民主主義」が政治体制の分析にあたり有効な概念なのか等について、改めて考え直してみたい。

政治思想・政治史、国際政治学、地域研究を専門とする研究者にご発表を頂き、加えて、計量政治学、比較政治学分野から討論者をお招きし、議論を深めることを目的とする。

司会
外山 文子(筑波大学)

報告
吉田 徹(同志社大学)「ポピュリズム政治の系譜学―「創造的行為」はいかにして認識されるべきか―」

小松 志郎(山梨大学)「民主主義国は何と戦ってきたのか:武力による体制転換の実態と帰結」

藤原 帰一(順天堂大学)「「民主化」研究の生涯と時代─比較政治学における政治変動論の展開について─」

討論
高橋 百合子(早稲田大学)
中井 遼(東京大学)

 

第2日 6月23日(日) 14:15~16:15

分科会C|「権力世襲化の諸相」

政治権力の世襲は、独裁的な権威主義体制はもとより、新興民主主義国を含む民主主義体制においても観察される事象である。権威主義体制における権力の世襲は、それが体制の権力継承において長期継続の鍵を握るものとして注目されると同時に、その阻止や世襲化された体制の打倒が、民主化の端緒として捉えられてきた。また、新興民主主義国を含む民主主義体制における権力の世襲化の進展や二世政治家の台頭は、権力の寡頭化による競争性と多元性の喪失や、既得権益の固定化による社会的な流動性の低下といった、代表の民主主義的正当性が孕む問題と関連づけられて、近年の比較政治学における主要なトピックである「民主主義の後退」の一側面を表すものとして語られている。他方で、政治的に有力な家系の存在が民主主義の安定につながっていると評価しうる側面も認められる。先行研究は、選挙―それが不公正で恣意的に操作されたものか、公正で競争的であるかにかかわらず―において世襲候補が競争上の優位性を有すること、選挙における高い得票率によって世襲が正当化されることを明らかにしているが、それらを成立させるための手続きや条件、世襲候補の高い支持調達への影響や効果は解明の途上にある。

そこで、本分科会では、政治権力の世襲化の進展および二世政治家の台頭に関する近年の事例を踏まえた地域横断的な多国間事例の比較を行う。1993年に国連管理下で民主的な選挙が行われたものの、その後の民主主義の後退が著しいカンボジア、1985年の民政移管後の民主的な選挙を通じて世襲政治家が影響力を増すウルグアイ、1994年の政治改革を経て、二世政治家の問題が注目される日本の事例についての報告と、ボンボン・マルコス政権の成立で改めて世襲政治家が注目されるフィリピン、父子継承の継続への反発がクーデターの一因となったガボンなど、東南アジアやアフリカ諸国の事例を踏まえた討論による検討から明らかにされる各事例の特性をもとに、既存の政治体制の区分を超えた議論のための共通の視座と地域的な差異が生じる条件を探るための手掛かりを見出したい。

司会
石黒 大岳(アジア経済研究所)

報告
水野 祐地(アジア経済研究所)「民主化後インドネシアにおける世襲政治の定着」

内田 みどり(和歌山大学)「ウルグアイ第二の国父バッジェ・イ・オルドーニェスの末裔とバッジェ主義のゆくえ」

西村 翼(立命館大学)「世襲議員が代表に与える影響―議会活動の計量分析―」

討論
粕谷 祐子(慶應義塾大学)
佐藤 章(アジア経済研究所)

 

分科会D|「比較政治学の『古典』を読み直す」

政治学に古典は存在するし、政治思想にも古典は存在する。しかし、比較政治学に「古典」は存在するのだろうか。比較政治学はその特質上、分析手法などを日々進化させており、過去の著作や理論は、「古典」としてではなく、単なる時代遅れの作品として、忘れ去られているように思われる。 比較政治学の源流をたどると、理論と事例、そして欧米型の政治制度・政治文化などといわゆる「第三世界」のそれとの間に見られる差異に着目し、それらを基に理論やモデルを構築するという作業が展開されていたことがわかる。

しかし近年、比較政治学の分野においても、計量分析や因果推論分析など、政治科学的手法が主流になり、初期の比較政治学が持っていた緊張感と知的興奮は後景に退いた感がある。その中で、政治学と比較政治学との差異も曖昧になってきている。

1960-70年代の「黄金期」を彩った著作や理論の多くは、今では比較政治学のテキストに登場することも少なくなり、このまま忘れ去られてしまうのであろうか。

本分科会では、比較政治学の古典的業績(レイプハルト、ハンチントン、リンスのそれ)を、単なる懐古的視点からではなく、今日的観点から読み直すことで、その意義や含意を再検討し、合わせて比較政治学の今後の発展可能性を探る。

司会
武藤 祥(関西学院大学)

報告
作内 由子(獨協大学)「もしレイプハルトがいまThe Politics of Accommodationを書いたら」

中西 嘉宏(京都大学)「変容するアジア社会と政治秩序―S・ハンチントンをてがかりに―」

永田 智成(南山大学)「フアン・リンスの体制論研究」

討論
小川 有美(立教大学)
武藤 祥(関西学院大学)

 

分科会E|「比較政治学における「Large-N」研究の現状と課題」

因果推論の隆盛により、比較政治学においてオンラインサーベイ実験などのデザインベースの手法を用いた研究が増える一方、かつて計量的研究として最も一般的な手法であった、国などを単位とする観察データの「Large-N」研究は、近年下火になっているように思える。こうした状況をふまえ、本分科会では、「Large-N」の手法を用いた三つの研究報告を通じて、比較政治学におけるその現状と課題について検討したい。

司会
飯田 健(同志社大学)

報告
安中 進(弘前大学)“Determinants of Public Expenditure in Historical Perspective”

門屋 寿(早稲田大学)「選挙結果への異議申し立ての実態と規定要因:サブサハラ・アフリカ諸国の選挙に着目して」

東海林 拓人(東京大学・院)「権威主義化と指導者の経験:新興民主主義国における指導者の被抑圧歴」

討論
稲田 奏(東京都立大学)
浜中 新吾(龍谷大学)

 

自由企画3|「沈黙の比較政治」

司会
玉井 雅隆(秋田大学)

報告
宮𦚰 昇(立命館大学)「沈黙を政治学的に考える意義と方法」

清水 直樹(高知県立大学)「政治状況と投票参加の関係 ─サーベイ実験による検証─」

中川 洋一(立命館大学)「欧州政治における沈黙―ドイツの事例から-」

討論
西岡 晋(東北大学)
山上 亜紗美(立命館大学)